めまい・ふらつき・首こり・耳鳴りの治療は専門病院で診療|めまい相談|多発性硬化症|人間ドック・健診なら大阪【医療法人 入野医院】

  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • トップページ>

コンテンツ

  • トップページ
  • 医院紹介
  • めまいについて
  • 多発性硬化症
  • 人間ドック・健診
  • 各科専門医紹介
  • アクセス
  • 個人情報保護方針
  • 免責事項
  • よくある質問
  • サイトマップ
  • English Site
コンテンツ
医療法人 入野医院 IR健康管理システム
〒556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3番19号 TCAビル4階
一般診療のご予約・お問い合わせ
06-6632-3325
健診・人間ドック専用番号
06-6634-0353
各種お問い合わせ診療時間のご案内
  • めまい相談 一番星クラブ
  • 人間ドック お申し込みフォーム
  • メディア掲載情報

めまい相談/一番星クラブ

イメージ

当医院では、「めまい」に関するお悩みを、メール上にて院長が直接お答えいたします。
めまいを治す最大のポイントは、あなたからの情報です。
めまいはいろいろな原因によって起こります。
その原因となるものが、 患者さんご自身の日常生活動作や環境によることが多いと考えられます。
その情報を解析することにより、あなたの現在悩んでおられるめまいや将来の再発予防の為のめまい相談コーナーです。
何でも気軽にご相談ください。

多くのご質問をお寄せいただき、ありがとうございます。
皆さんからいただいたご質問の中から公開に同意していただいた相談内容のみを、 個人情報を編集して掲載させていただいてます。
同じ悩みをお持ちの方もおられると思います。ぜひ参考にしてみてください。

めまい相談

2012年6月29日  一生続くのでしょうか?


女性3 初めてご相談いたします。
3か月ほど前の夜半に激しい回転性のめまいが起きました。嘔吐を伴い立って歩けないほどでした。
近くの救急外来で診てもらいMRIや平衡検査をしたところ前庭神経炎との診断を受けましたがはっきりと確定はできないようでした。激しいめまいは3〜4日でしたがその後ふらつきが残りそれ以降めまいのリハビリ運動を続けています。

つい最近最初診断を受けた病院とは別のめまいクリニックで左耳に冷水を入れての検査をしたところ、眼振がなく教科書的な前庭神経炎と言われました。ここのクリニックでは症状が軽減しても元に戻ることは無く病気は一生続くということ、そしてもう通院しなくてもいいということを言われました。
通院しなくていい理由は言われませんでしたが、治る見込みのない病気だから見離されたのだなと後で思いました。最近職場復帰を果たしましたが、家にいるときとはわけが違い、尋常でない疲労感を感じました。このまま仕事が続けられるか心配です(両方の病院から復帰OKとの診断は受けています)。

またこのままの状態が一生続くのかと思うと気が滅入ってしまいます。完治しないまでも何とか普通の状態に近くすることはできないでしょうか。めまいのリハビリ運動のほか、有酸素運動が良いと聞きエアロビもやっていますが有効でしょうか?
ほかに水泳も考えていますが、耳に水が入ったりしたら前庭神経に良くないでしょうか?
右耳の神経は正常なので、こちらだけは健常を死守したいと強く思っています。いろいろとお聞きしてしまい申し訳ありませんが、なにとぞ良いアドバイスをお願いいたします。
(T.M様  女性 神奈川県 52歳 )


ご質問ありがとうございます。

前庭神経炎によるめまいでお困りとのこと。
それにもかかわらず、耳鼻咽喉科では受診しなくとも良いと言われたそうで、さぞお困りのことと思います。
その先生のお考えは私には理解できませんが、ご指摘されている内容は正しい面もあるかと思います。
つまりめまいの症状は完治することは難しいかと思いますが、できるだけ軽減した状態をいかに維持するかと言うことを目標にされたらよいかと思います。水泳で耳に水が入り症状が悪化する心配は余りしなくて良いと思いますので、めまい体操やエアロビ、水泳などを取り入れて、めまいに対して強い体作りをされればよいのではないでしょうか。
もしお近くでしたら横浜赤十字病院の耳鼻咽喉科へ紹介してもらうことも良いのではないでしょうか。ご存じかもしれませんが、リハビリにおいては第一人者の先生がおられます。 お大事になさってください。
(院長 入野宏昭)


2012年6月29日  今まで7回わたる倒れこむめまいを経験しました


女性2 はじめまして。
昨日めまいで怖い思いをしたので、相談させて下さい。 私はもともと血圧が低く、上95下75くらいで健康診断の時には先生や看護婦さんも驚いて、血圧を測りなおしたりします。立ちくらみはしょっちゅうしていました。 でも驚かれるくらいで、薬を勧められたりしたこともないので、そんなには気にしていませんでした。 そして昨日(6月27日)21時前頃、彼氏と自転車で走っていました。
長い坂を上り終わったくらいで、ほんの少しですが気持ち悪い気がしたので、彼氏に伝え、道路から歩道に入りました。 すると、にだんだん雲かかかるような感じで目が見えなくなり、耳も完全にではないですが、手で塞いでいるように聞こえなくなりました。 2〜3年に1度くらいの間隔で同じようなことが起こり、毎回少し休んでいれば治ることなので今回も少し休めば…と思っていました。 意識が朦朧としていたので、目と耳がモヤモヤして、急に冷や汗が出てきてものすごく寒くなったことしか私は覚えていないのですが、一緒にいた彼氏の話では、しゃがみこんだ私を、近くの花壇に座らせようとして立たせたところ、体が異常に冷たくなって、彼氏に寄りかかって立ったまま痙攣していたそうです。 驚いた彼氏が、私の名前を何度も呼んでる途中で意識が戻りました。 何分とかそんな長い時間ではなかったらしいのですが、痙攣したのは初めてだと思うので怖くて相談させていただきました。

初めてめまいが起こったのは、小学5年の時です。 これもよく覚えてないのですが、見てた先生の話によると、キャンプ中に薪を割っていて、急に立ち上がったところ、立ちくらみでそのまま横の階段から転げ落ちたそうです。

2回目は、高校1年生のときのバイト中、レジを打ってる途中にめまいがして倒れました。 これも、だんだん目も耳もモヤモヤしていましたが倒れたことは覚えています。

3回目は、高校3年の通学途中、電車に駆け込み乗車してめまいが起こり倒れ、近くに乗っていた方が次の駅でホームのベンチにすわらせて駅員さんを呼んでくれていました。

4回目は、20歳くらいでしょうか、彼氏と買い物しているときに、やはり目と耳がモヤモヤしてきて手に力が入らずカバンを落としてしまい、彼氏に椅子に座らせてもらい、倒れずにすみました。

5回目は23歳の時、友達と2人で飲んでいてトイレに立とうとしたら、やはり目と耳がモヤモヤして、倒れはしませんでしたが、しばらく動けませんでした。

6回目は、25歳で、彼氏の部屋で床に座って漫画を読んでいて、少し遠くに置いてあった携帯を撮りに行こうと立ち上がったところ、やはり目と耳がモヤモヤしてきました。 倒れるのがわかっていて怖かったのですが、しゃがむことができず、近くにあった二階建てベッドの階段にシッカリとつかまったのですが、覚えていないので後からわかったことなのですが、つかまっていた甲斐もなく真後ろに倒れ、後頭部を打って気絶したらしいのです。 寝ていた彼氏が音に驚いて起き、私が焦点の合っていない目を開けたまま倒れていたので、何度も名前を呼んで、意識が戻りました。

7回目は、一番上に書かせていただいた昨日のことです。 今回のことに関係あるかわかりませんが、私は生理がとても重くて、出血も多いく、おととい生理が終わったばかりでした。
初めの何回かは、『周期も長いし、私は血圧が低いから、たまにひどい貧血を起こすのかな』くらいしか思っていなかったのですが、立っているだけでなったり、だんだん酷くなっている気がして、今回痙攣を起こしたことがとても怖いです。 これは、貧血が原因なのでしょうか。自分でできる対策はあるのでしょうか。そして診察していただくなら、何科にかかればよいよでしょうか教えて下さい。
(I.Y様  女性 東京都 27歳 )

 


ご質問ありがとうございます。

恐らく起立性低血圧や神経調節性失神が背景にあるのではないでしょうか?
今回(7回目)の症状は迷走神経反射という状態であり、始めて経験すると本人も不安になりますし、周りの人も驚かれることだと思いますが、医療関係者は良く目にする光景です。
引き金として運動負荷(心拍数上昇、呼吸数増加)があると考えられ、一度循環器科に受診されることをお勧めします。

また、脳動脈に先天的な異常があるかもしれないので一度頭部MRI・MRAの撮影もされることが望ましいでしょう。
それは脳外科になるかと思いますが、失神の鑑別とし同じ循環器科で検査をしてくれることもあります。念のため脳波も検査しておいてください。
自分でできる対策としては、鉄剤のサプリメントや食材を多く採ること、生理での出血が多いようならば婦人科にも相談してみること、飲水を多くすること(塩分もほどほどに)、睡眠不足や体調の悪いときに急な動作や運動負荷を避けることなどがあげられます。
他に再発時には足を少し高くして横になる、頭を打たないようにとにかくすぐに姿勢を低くするなどもあります。
お大事になさってください。
(院長 入野宏昭)

参考ページ  

矢印 めまい診察について

バックナンバー

バックナンバー一覧>>

めまいの症状・原因・治療なら 医療法人 入野医院にご相談ください

このページの先頭に戻る
Copyright © Irino clinic.inc. All Rights Reserved.